対策講座で確実に合格 | 慎重派には英会話の無料体験がおすすめ!|最適なスクール探し
国際交流

対策講座で確実に合格

日本に移住してくる外国人は年々増加傾向にあります。そのため、「日本語教育能力検定」の資格を持っている人の需要が高まりつつあります。日本語教育能力検定とは、外国人に日本語を教えるための、基礎的な知識があるかどうかを検定する試験のことを言います。この資格を持っている人の多くは国内に1,700箇所以上ある日本語学校で働いています。外国人に日本語を教えるだけでなく、日本の風習や文化についても指導します。また、活躍の場は国内にとどまらず、海外で日本語を学びたいという人のために、海外の日本語学校で働く人も多いです。その他にも、青年海外協力隊やシニア隊員などのボランティア活動でスタッフとして活躍する人もいます。このように、日本語教育能力検定の資格は幅広いところで役に立つものなのです。

日本語教育能力検定には全科目受験者の約2割しか合格できません。つまり、初心者が闇雲に勉強したところで簡単に合格できるような試験ではないのです。試験の範囲がかなり広いこともあり、独学で合格するのは難しいでしょう。未経験の人が短期間で合格しようと思ったら、対策講座を受講すると良いでしょう。日本語教育能力検定はマークシートと筆記試験です。対策講座では出題されやすいポイントを絞り、効率的に勉強することができます。対策講座を行なっているスクールはたくさんありますし、通信制講座もあるので自分のニーズに合った方法でしっかりと対策をしておくと良いでしょう。